シャフト加工 - SHAFT

エンジンやモーターなどから発生した動力を機械の各部位にロスなく伝達するために、シャフト加工は重要な役割をはたしています。自動車はもちろん、ドローン、電気自動車、ロボットなどの今後必要となってくる新技術にも必要不可欠なものといえます。あらゆる加工方法と精度の高い加工技術で、高品質なシャフトを製作しています。

シャフト加工方法

ギヤシャフト 

GEAR SHAFT

他の歯車や機械部品と噛み合い、回転運動を伝達する役割を果たします。端数の組み合わせでトルクや回転数を変化させることができます。

ギヤシャフト加工事例

偏心シャフト

ECCENTRICITY SHAFT

偏心シャフトは軸心が回転軸からずれているのが特徴で、回転運動を直線運動に変換します。主に高回転・高トルクが必要な場面に使われます。

偏心シャフト加工事例

研削シャフト

GRINDING SHAFT

研削シャフトは砥石で仕上げ加工をすることで、円筒度・真円度・同軸度をミクロンオーダーに仕上げることができます。それにより、耐久性が高く、振動が少なくエネルギー伝達のよいシャフトになります。

研削シャフト加工事例

ラックシャフト

RACK SHAFT

ラックシャフトは回転運動を直線運動に変換し、主に位置伝達する仕組みに使われます。自動車やFA機器などの産業分野で幅広く使用され、高い精度と信頼性を要求される環境で重要な役割を果たします。

ラックシャフト加工事例

転造シャフト

ROLLING SHAFT

素材表面を押しつぶして、ネジやスプラインを成形する加工。押しつぶすことで、表面が硬くなることが特徴です。

転造シャフト加工事例

ブローチシャフト

BROACHING SHAFT

ブローチシャフトは、回転運動を直接伝達する構造です。複雑な形状の穴や溝を持つため、専用のブローチ工具を用いて加工されます。

ブローチシャフト加工事例

その他のシャフト

OTHERS

その他にも各種様々な機能・特徴を持つシャフトがあります。

その他のシャフト加工事例