偏心シャフト - ECCENTRICITY SHAFT

偏心シャフトは機械工学における重要な部品であり、特定の用途において重要な機能を果たします。一般的には円筒状の金属棒から製造され、その軸心が回転軸からずれている特徴があります。この偏心性は、機械の動作において特定の運動パターンや振動を生じさせるために利用されます。偏心シャフトは、精密な設計と加工技術が必要であり、通常はNC旋盤やマシニングセンタなどの機械を用いて製造されます。自動車やFA機器などの産業分野で広く使用され、その安定性と信頼性に優れた性能を発揮します。後藤鉄工所では厳格な品質管理プロセスを経て製造され、お客様の要求に確実に応える高品質な製品を提供します。

シャフト加工一覧

シャフト加工方法

偏心シャフト

ECCENTRICITY SHAFT